TOP > [企業情報]投資家情報  ディスクロジャーポリシー

ディスクロジャーポリシー
電子公告 株主のみなさまへ 決算短信 業績推移 株価情報 株主優待 ディスクロージャー IRカレンダー 決算説明会資料
基本姿勢・・・昭和産業グループCSR行動規範より

昭和産業株式会社(以下当社という)は、昭和産業グループの企業活動に関わる情報を適時・適正に公開するとともに、ステークホルダーとの対話を通じて、透明性の高い企業活動に努めます。

情報開示方針

当社は、東京証券取引所が定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社の判断により公平かつ迅速な情報開示に努めてまいります。

情報開示方法

東京証券取引所の適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従って、同取引所の提供する「TDnetシステム」に登録します。登録後速やかに報道機関に同一情報を提供すると共に、当社ホームページ上にもできるだけ速やかに掲載します。

業績予想および将来の予測に関する事項

当社では決算短信に記載する業績予想をはじめ、当社ホームページ、説明会、各種資料等において、将来の見通し・計画などについて情報を提供する場合がありますが、いずれもその時点において当社が把握している情報に基づき判断されたものです。したがって、将来の情報については、様々な要因の変化により予告なしに変更されることがあり、実際の業績も当初予想とは異なる結果になる場合があります。

沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」としており、この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に業績予想が既発表の業績予想から大きく変動することが明らかになった場合には、適時開示規則に従い適宜公表してまいります。