TOP > [企業情報]ニュースリリース > CO2排出量削減を目的に、鹿島工場に バイオマスボイラの導入を決定

ニュースリリース 2008
20172016201520142013201220112010200920082007

CO2排出量削減を目的に、
鹿島工場に バイオマスボイラの導入を決定

[2008/06/12]

 昭和産業株式会社(社長:横澤正克)は、主力工場である鹿島工場に、木質チップを燃料とするバイオマスボイラの設置を決定しました。設備投資額は約7.3億円、本年度中に完成し、2009年度の稼動を予定しています。
 
当設備は、環境省による2008年度自主参加型国内排出量取引制度による助成を受けて取り組むものであります。今回、重油ボイラーをバイオマスボイラに切り替えることにより、重油使用量が年間約5千キロリットル削減されます。これにより、二酸化炭素排出量を、年間1万4千トン削減できる見込みです。これは、当社生産部門全体の5%に相当します。

当社は、二酸化炭素発生量削減のためエネルギー資源の利用効率向上に努めてまいりましたが、今後も地球環境の保全や資源循環型の持続可能な社会形成への貢献を目指してまいります。




<導入設備概要>
   設置場所  : 昭和産業株式会社 鹿島工場内
             茨城県神栖市東深芝6
   設備タイプ : 木質チップ焚きバイオマスボイラ
             能力  蒸発量12トン/h
   投資金額  : 7.3億円


以上