TOP > [企業情報]ニュースリリース > 昭和産業 東京労働局より「次世代認定マーク」取得

ニュースリリース 2007
20172016201520142013201220112010200920082007

昭和産業 東京労働局より「次世代認定マーク」取得

[2007/05/30]

昭和産業株式会社(社長:福井茂雄)は、このたび東京労働局より次世代認定マークを取得しましたのでご案内申し上げます。このマークは、2005年施行の「次世代育成支援対策推進法」に基づき、仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組んだ企業が取得できるものです。


1.次世代認定マーク「くるみん」

  (下部画像をご参照下さい)

2.目標とした行動計画と実施内容 (対象期間:2005年4月1日~2007年3月31日)

目標1)
男性の育児休業取得
男性従業員の取得数 :3名
(女性従業員の取得率:91%)
◇ 配偶者が専業主婦(夫)であっても取得可能としました。
◇ 5日間を有給としました。

目標2)
連続休暇制度の導入
・2日以上連続した年次有給休暇を、事前に計画表を提出して取得する制度を導入しました。
社内掲示板や社内報、マネージャー研修等で連続休暇制度を周知するとともに、年次有給休暇取得促進を啓蒙しました。

目標3)
妊娠中の短時間勤務制度導入
・妊娠中でも育児短時間勤務制度と同じ内容の短時間勤務を取得できるようにしました。

昭和産業は今後も、「ワーク・ライフ・バランス(次世代育成支援を含む、仕事と家庭の両立支援)」への取り組みを充実させ、働きやすい職場環境の整備を目指します。



以上