TOP > [知る・楽しむ]レシピ > おすすめレシピTOP > アジの香味かき揚げ

おすすめレシピ SHOWAの製品を使って作るレシピをご紹介♪『天ぷら粉』や『ホットケーキミックス』のアレンジメニューも大充実です!
アジの香味かき揚げ
[ 天ぷら ]
[ こだわり / 和食 ]
[ 一年中 ]
[ 魚介類 / 野菜類 ]
作り方
  • 1.  ①アジは骨抜きで小骨を抜き、一口大に切る。みょうがは縦2㎜幅に、青じそは6等分に切る。以上をボールに合わせておく。
  • 2.  
  • 3.  ②別のボールに「昭和天ぷら粉黄金」と水を入れ、泡立て器でなめらかに混ぜて衣を作る。
  • 4.  
  • 5.  ③「オレインリッチ」を160~180度に加熱する(衣を少量落とすと、中ほどまで沈んでふわりと浮き上がるのが目安)。
  • 6.  
  • 7.  ④①のボールに衣を適量(材料に薄くからまる程度)入れてさっと混ぜ、木ベらなどに適量ずつまとめてのせ、③の油にすべり込ませるように入れ(1回に油の表面の半分まで)、揚げ箸で手早く広げる。衣がかたまって周囲の泡が小さくなったら引き上げて油をよくきる。
  • 8.  
  • 9.  ⑤器に盛り、レモンを添える。好みで塩をふってもよい。
天ぷら
印刷する
アジの香味かき揚げ

新鮮なアジに、旬のみょうがと青じそをとり合わせた香り豊かなかき揚げです。いただくときは塩とレモンでさっぱりと、がおすすめ。天ぷら粉に素材の味を引き立てる昭和天ぷら粉黄金を使うと、ワンランク上のおいしさに揚げられますよ。

材料4人分
アジ(刺し身用におろして皮を引いたもの)
…300g
みょうが
…3~4個
青じそ
…10枚
 
 
 
「昭和天ぷら粉黄金」
…1C(100g)
…3/4C(150ml)
 
 
揚げ油(「オレインリッチ」)
…適量
レモンのくし形切り
…4切れ
シェフのコツ
魚の骨を抜く時は、おろした魚の皮を下にしてまな板の上にのせ、骨抜きで身の表面に出ている小骨の端を摘みます。摘んだ小骨の根元の部分を軽く押さえながら、ゆっくりと斜めに引っ張って小骨を抜きます。一通り表面の小骨を取り除いたら、指先で魚の頭側から尾の方向になで、取り残している小骨がないか確認します。
シェフのひと工夫
地域にもよりますが、夏に旬な鮮魚類には、イサキ、タカベ、カマス、キス、アジ、ハモ、たこ、などがあります。なかでも白身魚で、脂肪が少なくいキスはてんぷらに最適です。「昭和天ぷら粉黄金」を使ってサクッ揚げれば夏にぴったりの淡白でヘルシーなてんぷらが楽しめますよ。