TOP > [知る・楽しむ]レシピ > おすすめレシピTOP > 焼き鳥丼(きじ焼き丼)

おすすめレシピ SHOWAの製品を使って作るレシピをご紹介♪『天ぷら粉』や『ホットケーキミックス』のアレンジメニューも大充実です!
焼き鳥丼(きじ焼き丼)
[ ごはんもの / 照り焼き ]
[ 簡単・時短 / 和食 ]
[ 一年中 ]
[ 肉類 / 卵・大豆類 ]
作り方
  • 1.  青ねぎは小口切りにします。
  • 2.  鶏もも肉の水気をよく拭きとり、20g(4×4cm程度)にカットします。
  • 3.  ビニール袋に肉6個とテリヤキ粉を入れ、肉の表面全体に粉をまぶします。
  • 4.  キッチンペーパーを敷いた皿に、肉同士がくっつかないように並べます。ビニール袋に残った粉は上からふりかけてください。
  • 5.  【4】を、ラップをかけずに電子レンジで加熱します(600W3分)。
  • 6.  どんぶりにごはんを盛り、【5】の鶏肉をのせます。
  • 7.  【6】の鶏肉の上に温泉卵をのせ、【1】の青ねぎ、白ごまを散らします。
ごはんもの照り焼き
印刷する
焼き鳥丼(きじ焼き丼)

ボリューム満点の焼き鳥丼は、レンジで簡単&楽チンに作れます。パパッとすませたい昼食や、お子さんの夜食にもおすすめです。

材料1人分
レンジでチンする炙り風テリヤキ粉
30g
鶏 もも肉
約120g(6個分)
ご飯(又はパックごはん)
約200~250g(1個)
温泉卵
1個
青ねぎ
約3~5g
白ごま
適量
シェフのコツ
「レンジでチンする炙り風テリヤキ粉」で調理するコツは、<1>テリヤキ粉をまぶすときに「もみこまない」、<2>テリヤキ粉をまぶした肉は「すぐに加熱する」、<3>加熱後の肉はキッチンペーパーから「すぐにはずす」の3点です。
シェフのひと工夫
鶏手羽先や手羽元、スペアリブ、ぶりなどでも、「レンジでチンする炙り風テリヤキ粉」を使うとテリヤキ風味のメニューが簡単に作れます。