「原料到着」へ
工程1「原料精選」へ
工程2「抽出」へ
工程3「精製」へ
工程4「充填」へ
「バーチャル工場見学トップ」へ
「昭和産業株式会社トップページ」へ

工程4「充填」
充填は、容器の投入からダンボール詰めまでの全てを完全自動化されたラインで行っています。

厳しい品質検査を経て、さまざまな製品形態に充填されます。

業務用の一斗缶充填ライン

小型ボトル充填ライン

ギフト用の丸缶充填ライン
製品はこの他、タンクローリーや環境にやさしい紙パック詰めなどでも出荷しています。

SHOWAの製油工場では抽出・精製・充填まで、油は密閉系ラインで製造されていますので、作りたての鮮度が保持されています。

小型ボトル充填ライン写真
▲小型ボトル充填ライン
充填能力は1分間に200本!

SHOWA独自の技術によって生産される脱脂大豆は、粒状大豆たんぱくの生産にも使用しています。
粒状大豆たんぱくは、原料を圧縮し、高温・高圧で押し出すエクストルーダーといわれる装置で作られています。製品の形状はエクストルーダー先端のノズルを替えることによって、自由に作り出すことができます。
独自の技術で大豆独特の匂いを取り去ったSHOWAの粒状大豆たんぱくは、ハンバーグやぎょうざ、しゅうまいなどに幅広く用いられています。
エクストルーダー写真 ▲エクストルーダー


前の工程へ 他工場入り口へ