「原料到着」へ
工程1「とうもろこしからコーンスターチへ」へ
工程2「コーンスターチからぶどう糖・水あめへ」へ
工程3「ぶどう糖から異性化糖へ」へ
「バーチャル工場見学トップ」へ
「昭和産業株式会社トップページ」へ



工程1「とうもろこしからコーンスターチへ」
原料のとうもろこしは、浸漬槽で最初に水分を吸収させやわらかくしてから粉砕します。

そして、副製品となる胚芽の部分と皮の部分、たんぱくの部分を分離して、澱粉だけを取り出します。



分離した胚芽の部分はジャームと呼ばれ、コーン油の原料となります。また、皮の部分のグルテンフィードとたんぱくの部分のグルテンミールは、主に配合飼料の原料になります。


取り出した澱粉の一部は脱水・乾燥して、ドライコーンスターチ(乾燥澱粉)になります。
たんぱく分離機写真
▲たんぱく分離機

スターチ洗浄機写真▲スターチ洗浄機


他工場入り口へ 次の工程へ