原料到着
工程1「粉砕とふるい分け」へ
工程2「配合」へ
工程3「製品」へ
工程4「出荷」へ
「バーチャル工場見学トップ」へ
「昭和産業株式会社トップページ」へ



工程1「粉砕とふるい分け」
主原料となるとうもろこしやマイロ等の穀物を、ハンマーミル粉砕機やロールミル粉砕機で粉砕します。
ハンマーミル粉砕機写真
▲ハンマーミル粉砕機
主原料のとうもろこしを粉砕します
ロールミル粉砕機写真
▲ロールミル粉砕機
主原料のマイロを主に粉砕します

粉砕された穀物は、シフター(ふるい機)で粗い粒から細かな粒まで、用途別に2〜3種類に分けられ、配合タンクへ送られます。
シフター写真
▲シフター

マイロとは、日本名で『こうりゃん』と言い、その起源は5,000〜7,000年前に現在のエチオピアやスーダンあたりで栽培され始めたものと言われています。

乾燥、暑さに強く、飼料用として利用される穀物で、豚やブロイラーといった畜肉の脂の色を調整するために使われています。
主な産地としては、アメリカ・アルゼンチン・オーストラリアがあげられます。
マイロ→
マイロ写真

他工場入り口へ 次の工程へ