昭和産業株式会社

ENTRY

会社が進むべき方向を
正しくつかみ、伝えるために、
今日も経営課題に向き合います。 「経営企画部経営企画課」
の仕事とは

食品メーカーの人事部を目指し、
昭和産業に入社。

大学のゼミで人的資源管理論を学んだこともあって、将来は組織や人事に関わる仕事に就きたいと思っていました。同じゼミを取っていた仲間の多くが、コンサルティング会社を志望するなか、私が昭和産業に惹かれたのは、会社説明会で近々、人事制度を刷新するというお話をうかがったことが大きかったですね。職種別採用ではないので、人事部に配属になる確証はなかったのですが、それでも構わないと思えたのは、食への関心が強かったこと、そして、これから組織が変革期に入るタイミングで入社できたら、ほかでは味わえないような面白い経験ができるのではないかと考えたからです。もしすぐにではなくても、いずれ人事に関われるチャンスがあるなら、別の仕事を経験してからでも遅くはないと思い入社を決めました。

人事部を経て、
経営企画という新たな道へ。

最初の配属先が人事部だったのは、幸運というほかありませんでした。人事時代は、自分が採用や育成に関わった社員たちが活躍している姿を見るのはうれしかったですし、人の成長を通して経営の一端に触れることができたのは、いまでも得がたい経験だったと感じています。11年半、人事一筋だった私が、次のステップに進むことになったのは、2011年の秋のことです。もっと視野を広げたいと思い異動願いを出したところ、現在の経営企画部経営企画課への異動が決まりました。経営企画は、リスク管理やコンプライアンス、財務など、幅広い知識が求められる部署です。さまざまな経営課題に関わるため、異動したばかりのころは言葉を覚えるだけで一苦労でしたが、そのぶん得るものが多く、いまも充実した日々を送っています。

長期ビジョンや
中期経営計画を策定する重要な仕事。

現在は、長期ビジョンや中期経営計画を策定する仕事に携わっています。長期ビジョンも中期経営計画も、会社がこれから進むべき方向を多くの方々に示す重要な指針です。私たちは経営陣の考えを正確に理解し、計画に落し込み、正しく伝える役割を担っているため、経営陣や事業責任者の方々からお話をうかがう機会が少なくありません。経験豊富な方々から、物事の捉え方や考え方、仕事の進め方を直接学べるのは、この仕事に携われてよかったと思うことのひとつです。経営企画は、仕事の性質上、計画の立案に携わる場面が多いのですが、実行支援や効果検証にも関わります。苦労して立てた計画が机上の空論で終わることがないよう、これまで人事と経営企画で培った、ヒトとカネについての知識や経験をもとに、これからはモノ(商品)の流れにも関与できるよう、実力を付けていきたいですね。

とある1日(仕事の流れ)

午前

帰宅したらすぐ夕食が摂れるよう朝のうちに夕食の準備を済ませてから、8時半までに出社します。デスクについて最初にするのはメールチェック。その後は午後の会議に備えて資料を作成するほか、社内外からの問い合わせへの対応、打ち合わせなどを行います。

午後

経営陣と各部の責任者の方々へのヒアリングや会議のアレンジ、資料の取りまとめなどを行います。それ以外では、行政からのアンケートや問い合わせに応えたり、社内で動いているさまざまなプロジェクトの打ち合わせに参加したりすることも少なくありません。

夜

翌日の準備を終えて会社を出ると、急いで保育園に子どもを迎えにいきます。帰宅すると、まず子どもたちと夕食を摂り、下の子の入浴の世話や寝かしつけをした後、上の子の勉強を見て、翌日のお弁当と夕食の下ごしらえや洗濯などをします。

仕事後やオフの過ごし方

ふたりの子どもの子育て中なので、週末は買い物など、平日にはなかなかできない家事に費やします。家事の合間を縫うように本を読んだり、買い物中も他社製品の陳列状況や買い物客の動きを観察したりして、なるべくインプットする時間を作るようにしていますが、なかなか難しいですね。年末年始や夏休みなどの長期休暇には、実家に帰省したり、旅行に出かたりします。昨年は家族4人で石垣島旅行に出かけました。平日は毎日慌ただしく過ごしていますから、日常から離れオフのひとときを愉しむ時間をとても大事にしています。

浜本慎平 小林 絵美子 清水 大貴
武藤早紀 杉浦しのぶ 明瀬雅也 高橋 有輝 宮内幸平