昭和産業株式会社

ENTRY

ROOKIE'S TALK 広域営業部 企画課 田澤 菜々子/生産技術部 設備技術グループ 伊藤 恭太/基盤技術研究所 油糧科学研究室 田辺 優希/糖質部 業務課 工藤 宏人/基盤技術研究所 糖質科学研究室 沖本 航/商品開発研究所 ベーカリーグループ 小山 詩織

日本の「おいしい」を支える昭和産業。その最前線に加わったばかりの「入社1年目」の社員たちに、いまの仕事やこれからのことなどについて聞いてみました。
  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて

入社してわかった昭和産業の魅力について教えてください。

田澤

私は入社してすぐ、先輩に誘われて社内のバスケ部に入部しました。入ってみると、普段仕事でご一緒する機会がない方がほとんど。でも、みなさんとてもフレンドリーで、たまに本社の廊下などですれ違うと気軽に声をかけてくださいます。とても気さくな方が多い印象です。

小山

私はサバイバルゲームのチームに入っているのですが、下は新入社員から上はチームリーダーまで、みんなで森の中をほふく前進しています(笑)。職場から離れても、年齢や役職も関係なく仲良くつき合えるのは、昭和産業らしさのひとつなのかも知れませんね。

工藤

フレンドリーな方が多いのは私の部署も一緒です。その一方で仕事に対しては非常に真面目。つい先日、製粉部や油脂部、飼料部とも関わりのある商社の方と話していたら「もし自分が転職するなら昭和産業に入りたい」とおっしゃっていました。「なぜですか?」と聞くと、「誠実な方が多く、社員の雰囲気も良くて仕事がしやすいから」だそうです。あの時ほど、自分の会社を誇らしく思ったことはありませんでしたね。

伊藤

対人関係がフラットなのも魅力的です。私の職場では、年齢や役職に関係なく、理にかなった提案なら採用してもらえます。解決すべきテーマに対して、良い改善案が採用されるというのは、当たり前のことかも知れませんが、新人の提案が設備の構成や配置に反映されるというのは、なかなかないことだと思うんです。人を信じ、任せてくれるというのも、昭和産業らしさだと思いますね。

入社の前と後でギャップがあったと感じたことはありますか?

沖本

入社前はもっと保守的な人が多いと思っていました。昭和産業はBtoBを主体としている会社ですし、穏やかな方が多い印象だったので、どちらかというと安定志向の人が多いと思っていたんです。でも実際は違っていました。仕事に対して貪欲で、できることは最後までやりきろうとする人がとても多いんです。

田辺

個性的で好奇心旺盛な人も多いですよね? 私の周りにはダンスや旅行が好きな人が多くて、誘ったり誘われたりする機会も多いのですが、入社するまで、こんなにアクティブな人がいるとは思っていませんでした。仕事ではしっかり自分の責任を果たし、それ以外はリラックスして楽しむ。そういう方が多い会社だと思います。

  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて
人を知るINDEXへ