昭和産業株式会社

ENTRY

新カテゴリーで業界を摂関するのが私の夢。 「商品開発研究所無糖ミックスグループ」の仕事とは

他社よりも優れたプレミックス粉を生み出すために。

私が携わっているのは主に業務用天ぷら粉の開発です。どのような配合、どのような成分であれば、多くの方々によろこんで頂ける天ぷら粉が出来るのか。実際に製品を利用されている方々や、最終的にご購入頂く消費者のみなさんの立場になって、製造現場やキッチンで日々開発に取り組んでいます。食感やおいしさにこだわるのはもちろん、設計した天ぷら粉の製造コストや効率的に製造出来るかどうかも大切な開発条件です。商品開発研究所の開発担当者は、お客様から寄せられるご意見やご要望を直接お伺いした上で、工場の設備担当者や生産担当者の方たちと一緒にコストや生産性を考え、他社製品よりも優れたプレミックス粉を作り上げるために、日々努力をしています。

大切なのは好奇心と向上心。常にアンテナを高く掲げておく。

仕事でやりがいを感じるのは、お客様から出された課題をクリアし、品質の良さを認めて頂けた時ですね。限られた時間、限られた情報の中でお客様の求めるものをどのように具体化すべきか検討し、実際にサンプルとしてご提案する際にはとても緊張しますが、私たちの提案を採用して頂けた時はそうした苦労も報われます。また幾度となくラインテストを重ねて、ようやく販売にこぎ着けた商品が、実際に店頭に並ぶのを見た時は格別です。こうした感覚を味わい続けるには、好奇心と向上心を保ち続けることが大事。開発を「こなす」という発想だと、どうしても手持ちのノウハウだけで何とか形にしようとしてしまいがちです。それではお客様をよろこばせることは出来ません。そうならないためにも、外から新しいアイデアを吸収出来るように常にアンテナを高く掲げておきたいと思います。

開発の余地はまだある。優れた製品を生み出し続けたい。

商品開発に関わる以上、業界に旋風を巻き起こすような商品を開発することが自分の夢です。たとえば今担当している天ぷら粉のカテゴリーは、パンほどバリエーションがあるわけではありませんが、視点を変えれば、新ジャンルの開拓につながる余地はまだまだあります。こうした可能性を拡げるには、もっと生産工程や機器について詳しくならなければなりませんし、粉と油だけでなく新しい原料や素材にも着目しなければなりません。「揚げたてのおいしさを維持するにはどうしたら良いか」「もっと簡単に上手に天ぷらが作れれないか」。開発のヒントはたくさんあります。開発以外の部署や素材メーカーのみなさんとも協力して、業界にイノベーションを起こしたいですね。

とある1日(仕事の流れ)

午前

8時半には出社して、メールや電話でお客様や関連部署、資材メーカーの方々と現在進行中の案件に関する依頼に応えます。その後試作用のキッチンに移り、前日に作りおいた天ぷらを営業担当者と一緒に試食。時間経過とともに変化する味や食感を評価・検討します。

午後

午前中の試作の評価を受け、粉の配合を調整。翌朝の試食に備えて再度天ぷらを試作します。後片づけを終えたら、グループのメンバーや営業担当者と打ち合わせをしたり、お客様先へサンプルを持参しプレゼンに出かけたりすることもあります。

夜

外出先から帰社するのはだいたい18時頃。戻り次第、翌日のプレゼンの資料作りや午前中の試験結果報告書など、事務作業はこの時間帯にまとめて行う日が多いですね。会議やミーテイングに追われることもありますが、繁忙期でなければ、だいたい20時には仕事を終えます。

仕事後やオフの過ごし方

最近、しばらく休んでいたホルンの演奏を再開したので、休日は演奏の練習をする機会も増えましたね。社会人オーケストラにも参加しているので、半年に一度の定期演奏会の前は練習時間の確保に苦労しそうです。それ以外に最近熱中しているのは、社内の仲間たちとチームを組んではじめたサバイバルゲーム。こちらはいつか社内の正式なクラブ活動として認められるようにしたいと思っています。どちらもストレス発散にはもってこいなんですよ。

望月梓 金子衛司 阿部美樹 須永智伸 相馬 邦彦
佐野晃子 増田 遥平 川島 祥子