昭和産業株式会社

ENTRY

女性の働き方座談会

女性が長く働ける環境って?3人の活躍している女性社員に、ホンネで話してもらいました。

女性を取り巻く労働環境について、みなさんはどうお考えですか?

田中

私がひとり目の子を生んだ時と比べると、いまは本当に働きやすくなったなと思います。制度も整ってきているし、実際バリバリ働いている女性もたくさんいます。とはいえ、まだまだ出産や育児がキャリアの妨げになると感じている方もいるでしょうね。
女性が働きやすい制度について
従業員男女比は?

野口

そうですね。ちょうど私が復職した時期というのは、開発部門にも、働きながら子育てをする女性が増えたタイミングでした。制度面でも、雰囲気の面でも田中さんのお子さんがまだ小さかった頃よりは、働きやすくなっているとは思いますが、出産前のようにはいかないジレンマはあります。

橋本

たとえばどんなことですか?

野口

制度も充実していますし、職場のみなさんにも気にかけてもらっているのですが、仕事の量や求められる内容が変わるわけではありません。それはうれしい反面、どうやりくりするか考えると、気が重い時もあります。

橋本

仕事はひとりでに減ってくれませんからね。私が以前、労働組合の女性委員として取り入れて欲しい社内の支援制度について、女性社員にお話を聞いた時にも、在宅勤務制度やフレックスタイム制度があればもっと楽に働けるようになるという意見がありました。

田中

それができるとずいぶん違いますよね。労働時間をどう管理するか、機器の購入コストやセキュリティ対策をどうするか、クリアしなきゃいけないことは山積みですが、たとえばいまは部署ごとに数台支給されているモバイルパソコンが、誰でも自由に使えるなら生産性は上げられるかも知れません。
モバイルパソコンについて

橋本

そう思います。私も時々利用していますが、夜遅くにならないと連絡が付かないお客様がいらっしゃるので、そういう時にはとても便利です。

田中

いまある制度はどちらかというと、女性社員をいかに早く家に帰すか、労働時間を短くするか、という取り組みがほとんどですよね。父親が早めに帰って、子どもを送り迎えしたり、病院に連れていってくれたりしたら、母親はその日は集中して、会社で仕事ができる。そんな日があってもいいじゃないですか?社内制度というより、そういう機運が社会的に高まってくれたらなと思います。

橋本

確かに!

田中

いまでも育児や介護、夫の転勤についていくことを理由に辞める方がいますけれど、もっと家庭のことを夫婦で分担したり、対応する制度があれば、別の方法も選べたんじゃないかって思うんですよ。

田中

男性の働き方を見直す事で、もっと女性が活躍できるようになるかもしれませんね。

橋本

同感です。 男性社員の育児休業取得の推進

仕事と家庭生活のバランスはどう取るべきだと思いますか?

田中

夫が家に早く帰れる曜日は仕事の比重を増やし、それ以外の日は家庭に重きを置くようにしていました。

野口

曜日で担当をわけていたんですね。

田中

そうそう。急な出張が入った時や忙しい時には交渉して。こんなふうに夫に協力してもらいながら、メリハリを付けていかないと仕事を消化できなかったんです。

橋本

旦那さんが協力的でよかったですね。

田中

そうですね。あらかじめわかっていれば比較的調整ができる仕事だったので、そういう意味ではとてもラッキーでした。旦那さんは協力してくれそう?

橋本

そうですね。子どもができても家のことは夫婦で協力し合いながら働き続けたいなと思います。

橋本

うちも夫が協力してくれるおかげで何とかやっていますが、復職前は色々と不安でした。

橋本

その不安はどうやって解消されたんですか?

野口

復職前に、復職後に利用できる会社の制度を説明してもらったり、状況が変化した時にはRD&Eセンターのサポート室に相談に乗ってもらっています。職場の方も私が時短勤務をしているため、時間を気にしてもらったり、状況を理解しサポートしてくれています。気兼ねすることもありますが、こればかりは割り切ってお願いするしかないですね。

橋本

2017年4月から、時間単位で年次有給休暇が取得できる制度がはじまりますよね。そうすればもっと自由な働き方ができるのではないかと感じています。

田中

いまは子どもの発熱など、突然のトラブルにも対応しなければならないので、そういう制度があると助かりますね。傷病児を預かってくれる病院もあるのですが、子育てをはじめた頃は、そんなサポートがあるなんて知りませんでした。

田中

でも、預かってくれる子どもの枠がすごく少ないのよね。

野口

そうなんです。さきほど話した病児保育などの公的サポートと連携した社内制度もあればと思います。

妊娠から育児休業復帰までの流れ
その他にもサポート制度があります!

今後、どんなキャリアを歩みたいとお考えですか?

田中

生産技術に携わったことで、目の前の課題だけではなく、全体を最適にするように考える力が身に付きました。それを生かして、自社の仕事だけではなく市場やお客様についても深く、広い見方ができるようになりたいですね。気持ちがワクワクするような仕事や役割にチャレンジして、これからも成長したいと思っています。

野口

いまは正直、いっぱいいっぱいですが、2017年4月からS職(Specialist)に進むことになったので、仕事の幅を広げていかねばならないと思っています。

複線型人事制度
田中

おめでとう!

野口

ありがとうございます。いまは、子育てとの両立で精一杯ですが、橋本さんのように、これから子育てをしようと思っている方々に「自分も挑戦したいな」と、思ってもらえるようになりたいですね。もちろん悩みはあります。でも、職場でも家庭でもイキイキしていたいですよね。前向きに取り組んでいたら、きっと乗り切れるんじゃないかって、最近は考えるようになりました。

橋本

業界の傾向でもあるのですが、営業部には女性がまだまだ少ないんです。つい先日も、営業部の女性が集まり、出産や育児について話す機会がありました。まだ実感はないですが、たとえ大変でも、何とかなるかも知れないと思いはじめています。

田中

こうして若くて優秀なみなさんが、子育てしながら管理職に進む道を選んでくれたら、男性社員はもちろん、子育てが一段落した私自身の仕事も変わるかも知れないですね。ぜひ頑張ってください。
働きやすい環境作りに取り組んでいます!

最後に、就活生のみなさんへメッセージをお願いします。

田中

昭和産業は、部門間のシナジー効果を全社で探り、お客様の課題をソリューションしようと取り組んできた過程で、女性の為の制度拡充もそうですが、変化に対応し、新しい価値を創造しようという社風に変わったと感じています。自分の会社ながら「こんなに変われるんだ」と私自身も驚きがあります。
変化に柔軟な組織は強みがあると思います。これから入社される方にもどんどん新しい価値を作ってほしいです。

野口

食は家族の団らんの象徴です。そのためか昭和産業には、ワークライフバランスに理解ある人が多い気がします。まだまだ変えるべきことはありますが、昭和産業は、結婚して子どもを産んでも辞めずに働き続けられる会社だというのは確かです。家庭を持つ女性にとってチャンスが多い会社だと思います。

橋本

結婚後も働きたいと思っている学生さんも多いと思います。でも具体的なイメージはわかないのではないでしょうか。私自身もそうでした。でも実際に入社してみると、バリバリ働きたい人はもちろん、プライベートを充実させたい人も活躍しています。希望次第で働き方が選べるというのは大事なポイントです。私もこれからじっくり考えて、進むべき道を決めたいと思います。

【女性の活躍推進 行動宣言】