昭和産業株式会社

ENTRY

今後は営業で培った経験を若い世代に伝える仕事にも挑戦したい。大瀧 太良 「製粉部営業第一課」
の仕事とは

製粉の営業で人間力が鍛えられた。

昭和産業に入社して約15年。事業所は何度か変わりましたが、一貫して業務用の小麦粉製品の販売に携わっています。当初から食品素材メーカーの営業を希望して入社しましたが、最初はなかなか仕事に馴染めず悩んだ時期もありました。それでも辞めなかったのは、昭和産業でたくさんの経験を積み、人間的にも成長出来たという実感があったからです。最初の配属先だった大阪支店製粉課では、先輩からどんなに仕事が辛くても、笑顔で仕事に取り組む覚悟を学び、高松駐在(大阪支店製粉課)時代には、たった2人だけの小さな事務所で、お客様と1対1で向き合う面白さを、東京の本社では大手のお客様だからといって恐れることなく、本音で意見を口にする勇気を学びました。昭和産業の営業は人間力が鍛えられる、そんな手応えがあるからこそ、いまもこの仕事を続けています。

10年ぶりの再提案で、念願の取引を獲得。

高松駐在時代、地元のうどん製造メーカーに営業を掛けたことがありました。自分なりに力を入れて提案したつもりでしたが、残念ながら不採用でした。その直後に本社へ異動となり、挽回のチャンスがなくなったと思っていたのですが、その10年後、偶然が重なり再提案のチャンスが巡ってきました。さっそく当時の開発担当者とともに、先方に綿密なヒアリングを行い、資料とサンプルを作成。プレゼンした結果、来期から小麦粉の全量を当社に任せていただけることになりました。この知らせを聞き、過去10年間の努力が認められたようでとても嬉しかったのは言うまでもありません。しかも、営業担当者と開発担当者が手を携え、大きな取引を勝ち取る醍醐味を体感することも出来ました。いまも忘れがたい案件の1つです。

モノ売りではなく、課題を解決する営業。

現在は本社の製粉部営業第一課で、冷凍食品メーカーや大型スーパー向けの商品販売に携わっています。私が仕事上で大事にしているのは、お客様目線で提案すること。「モノを売る」のではなく「お客様の課題を解決すること」だと考えています。真摯にお客様の言葉に耳を傾け、時にはお客様の商品の改善点とその解決方法をお客様や開発担当者、生産担当者と一緒に考えることもあります。そうした本音のやり取りを積み重ねることによって得られた信頼関係が、私の仕事を支えているのです。こういったことを後輩にも伝えていきたいと思っています。

とある1日(仕事の流れ)

午前

午前中にお客様からのサンプルや見積書、提案書の要請やお問い合わせにメールや電話でお応えします。午後はなるべく商談に時間を割きたいので、事務作業は午前中に集中して取り組みます。

午後

お昼時にお時間をいただいた場合は、お客様とランチをとりながらミーティングや商談をすることが多いですね。商談は1日に2〜3件。ヒアリングやプレゼンがない日でもお客様の状況をうかがうため訪問することもあります。

夜

商談終了後、RD&Eセンターに立ち寄り、開発担当者に依頼していた冷凍食品の試食サンプルを食べながら意見交換する日も多いです。お客様との会食がなければ、明日の準備を済ませて帰宅します。

仕事後やオフの過ごし方

平日の夜は、お客様や同僚、開発担当者と一緒に食事にいく日が多いですね。特に予定が入っていなければ、4年ほど通っているゴルフスクールでレッスンを受けるか、子どもが起きている時間なら家に帰って団らんを楽しみます。休日は家族と一緒に過ごしたり、ゴルフに行ったりすることも。コースに出るのは月に2回ほど。気の合う仲間とのラウンドは最高です。

杉浦 しのぶ 大瀧 太良 高橋 有輝 北之馬 紗紀 浜本 慎平
小林 絵美子 清水 大貴 武藤 早紀