昭和産業株式会社

ENTRY

ROOKIE'S TALK 杉山礼央×細貝佳耶×所真衣子×川崎達輝×松崎真二×倉持有紀乃

日本の「おいしい」を支える昭和産業。その最前線に加わったばかりの
「入社1年目」の社員たちに、自身の就職活動や、
今の仕事、これからのことなどについて聞いてみました。
  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて

就職活動中、一番大切
にしたことは何ですか?

川崎

産業の川上に位置する素材メーカーを中心に就職活動を行っていました。とくに注意して見ていたのは、説明会や面接で接する社員の方の雰囲気。「この人と働きたい」と思えるかどうかを重視していました。

倉持

私も川崎さんと同じく素材メーカーに注目していました。食品素材メーカーに的を絞ったのは、大学でスポーツと福祉の観点から健康を捉える学問を学んでいましたし、食品素材の提供を通じてより多くの人の健康に貢献出来ると思ったからです。

松崎

学生時代は生物科学系の研究に取り組んでいたので、食品とはあまり関係がなかったのですが、実家は農家、母方が食品の小売店を営んでいることもあって、幼いころから食にまつわる仕事が身近にありました。それが食品業界に興味を持つきっかけでしたね。

所

私が就職先を選ぶ上で大事にしていたのは、生活に身近な業界かどうか。生活のなかでも食べることは人間にとって欠かせない営みです。私も川崎さんや倉持さんと同じように、就職活動中はずっと、食の根本に関われる食品素材メーカーに魅力を感じていました。

細貝

私は将来食品メーカーで働こうと、大学は食品生産科学科に進学しました。その当時、就職先としてイメージしていたのは、お菓子メーカーか冷凍食品メーカーでしたね。大好きな食を通じて社会に貢献したいと思いました。

杉山

私は農学部で植物の種子を研究していました。発芽を司る遺伝子の研究です。大豆や菜種を絞れば油脂になりますし、小麦を粉砕すれば小麦粉になります。就職活動では、製油や製粉業界、種子そのものを扱う種苗業界に興味がありました。

昭和産業に入社しようと決めたポイントは?

川崎

裾野が広い食品素材を数多く扱っていますし、天ぷら粉やホットケーキミックスのように有名な商品も販売しています。選考過程でお会いした皆さんはどなたも優しい方ばかり。素直にこの人たちと一緒に働きたいと思ったので入社を決めました。

倉持

昭和産業は業界上位に位置しており、トップシェアの製品もたくさん持っています。それを可能にしているのは、社員の提案力や商品開発力が優れているからに違いない。そう考えて昭和産業に決めました。

松崎

昭和産業は、数多くの食品メーカーに食品素材を提供している分、一般の食品メーカーよりも、食品の安全に大きな責任を負っています。そうした会社はあまり多くありません。昭和産業なら多くの人の口に入る食に関われるだけでなく、食の安全にも貢献出来ると考えて入社を決意しました。

細貝

就職活動するまでは、消費者向けの食品メーカーを志望していましたが、昭和産業と出会って視野が広がりました。私が好きなお菓子にも昭和産業の小麦粉や油脂、糖質商品が使われていると知ったからです。また、昭和産業に入社した先輩から会社や仕事の話を聞いていた大学の先生から「内定を貰ったならぜひ行くべき」と勧めて頂いたのも、入社の後押しになりました。

所

私は、粉にも油にも糖にも携われるところが魅力的だと思いました。また、説明会や面接などで、女性が働きやすい環境だと聞いていましたので、安心して入社を決めることが出来ました。

杉山

私も所さんと同じく、穀物をフル活用している会社だから入社しました。昭和産業は食品の他、工業用途や家畜の飼料にも販路を持つ、「穀物ソリューション・カンパニー」です。影響力が大きい仕事が出来ると思い、入社を決めました。

  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて
人を知るINDEXへ