昭和産業株式会社

ENTRY

ROOKIE'S TALK 杉山礼央×細貝佳耶×所真衣子×川崎達輝×松崎真二×倉持有紀乃

日本の「おいしい」を支える昭和産業。その最前線に加わったばかりの
「入社1年目」の社員たちに、自身の就職活動や、
今の仕事、これからのことなどについて聞いてみました。
  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて

今後チャレンジしたい目標について教えてください。

川崎

小麦粉はパンや麺、揚げ物にも使われます。より多くの商品に採用していただけるよう、時代の変化に対応したレシピを提案出来る営業になりたいですね。今後、開発部署や生産部署にお世話になる機会も増えると思います。良好な人間関係を築き調整力を身につけ、お客様のご期待に応えたいと思います。

倉持

油脂業界全体で業務用の女性営業が少ないと感じるので、女性ならではの視点から、商品提案出来る営業担当者になりたいです。そのためにはまず、お客さんと距離を詰めて、「担当が倉持でよかった」と思ってもらえるようにならなければと思っています。

松崎

せっかく工場に配属されたので、設備や生産プロセスの改善に積極的に取り組みたいです。理想は「人が頑張らなくていい工場」。作業に余裕が生まれればトラブルも防げるでしょうし、万が一の時にも迅速に対応できるはずです。将来的には、規模や設備、生産条件が違う工場でも通用するようなシステム作りに貢献したいです。

細貝

昭和産業にはたくさんの事業があります。いまの職場で一通りの仕事を覚えたら、別の部署でも経験を積んでみたいですね。幅広い視野と知見を身につけて、食品素材メーカーに務めていることを実感出来たらいいなと思います。

所

当面の目標は、質問されたら即答出来るくらい知識を身につけること。もう少し先の目標としては、自分の創意工夫を商品開発や工場の改善につなげる研究にどんどん携わりたいです。

杉山

私も知識不足を実感しているので、商品の知識はもちろん、素材の性質を含めてもっと勉強し、先輩方のように理論的な説明が出来るようになりたいですね。将来的には生産部署や研究部署だけでなく、いろいろな部署を経験してみたいです。たとえば原料の生産地に足を運んで小麦を見極めて調達につなげるような仕事に携われたら、自分の幅も広げられるのではないかと思っています。

  • 就職活動について
  • 仕事について
  • 社風について
  • キャリアについて
人を知るINDEXへ