TOP > [知る・楽しむ]レシピ > おすすめレシピTOP > じゃがカツボール

おすすめレシピ SHOWAの製品を使って作るレシピをご紹介♪『天ぷら粉』や『ホットケーキミックス』のアレンジメニューも大充実です!
じゃがカツボール
[ カツ ]
[ こだわり / 洋食 ]
[ 一年中 ]
[ 肉類 / 野菜類 ]
作り方
  • 1.  じゃが芋は皮つきのまま水に入れて20~30分、竹串がすっと通るようになるまでゆで、ざるにあげる。
  • 2.  あら熱がとれたら皮をむき、ポテトマッシャーかフォークなどでつぶし、8等分にして団子に丸める。
  • 3.  豚肉も8等分にし(2~3枚ずつになる)、[2]に巻きつける(1枚巻いて形を整え、残りの1~2枚は向きを変えながら全体をおおうように巻いて形を整える)。すべて巻いたらこしょうをふる。
  • 4.  ボールにAを入れて泡立て器でなめらかに混ぜ合わせ、[3]を入れて全体にからめ、引き上げてパン粉をまぶす。
  • 5.  フライパンに「オレインリッチ」を深さ2~3㎝まで入れて170~180度に熱し、[4]を入れて菜箸でころがしながら5分ほどかけてきつね色に揚げる。
  • 6.  サラダ菜を敷いた器に盛り、レモンを添える。ソースの材料を混ぜ合わせて添える。
カツ
印刷する
じゃがカツボール

つぶしたじゃが芋をおだんごにして豚薄切り肉でくるりと巻きます。これにフライ衣をつけて揚げるのですが、ここで活用したいのが「パン粉づけが楽になるカツ揚げ粉」。下味・小麦粉・卵つけの手間をこれ一つでカバーするので、あとはパン粉をつけて揚げるだけ。中濃ソースにマスタードとすりごまを混ぜたたれを添えていただきます。

材料4人分
豚薄切り肉(もも肉またはロース肉)
…320g
じゃが芋
…4個
こしょう
…適量
 
 
【A】
 
「パン粉づけが楽になるカツ揚げ粉」
…1/2袋(60g)
…1/2カップ〕
 
 
パン粉
…11/2カップ
「オレインリッチ」
…適量 
サラダ菜
…1~2株
レモンのくし形切り
…4切れ
 
 
【ソース】
 
中濃ソース
…1/3~1/2カップ
すり白ごま
…大匙1
シェフのコツ
じゃがいもはでんぷん質の多い男爵芋がオススメです。潰したじゃがいもがまとまりにくいときは、様子を見ながら少しずつ生クリームを足していくといいですよ。 また、揚げムラや、破裂防止のためにも、パン粉は全体に均一につけるようにしましょう。 そのためには、「パン粉づけが楽になるカツ揚げ粉」を水で溶いたもの〔A〕をタネ全体にからめることが大切です。その上で、パン粉も同じように全体に均一につければ、揚げたときに、一部だけ焦げてしまうことを防げますよ。
シェフのひと工夫
お好みでじゃがいもにチーズやコーンを入れれば、バリエーションも広がります。中味の違うものを、いくつか小さめに作れば、色々な味を楽しめますね。 また、じゃがいもを潰す加減を粗めにしたり、しっかりめにするなど変化をつけたり、一度粉ふきいもにしてから潰すことで、じゃがいもの食感の違いも楽しめますよ。