TOP > [業務用商品]飼料事業TOP > 養鶏用飼料

養鶏用飼料
飼料事業[TOP]
育成用のこめっ娘シリーズ
世界的な穀物価格の高騰や需給のひっ迫などから、飼料自給率への関心が高まる中、昭和産業グループでは休耕地の活用にも有効な飼料米に注目し、様々な取り組みを行ってきました。この取り組みの一つとして開発された「こめっ娘シリーズ」は、飼料米を「もみ米」のまま配合することによって下記の効果が期待できる銘柄です。
  • ●飼料用もみ米を配合
    • 育成初期の増体量が改善されます。
    • 消化管が発達し、消化率が上がります。
    • 腸内細菌叢が改善されます。
    • 鶏の悪癖(ツツキ)を低減します。
  • ●イソマルトオリゴ糖を配合
    免疫力の増強と腸内有用菌の増加を図ります。
  • ●大すう期に2銘柄を設定
    大すう期に2つの栄養水準の銘柄(こめっ娘大すう、こめっ娘ハイ)を配置することにより、さまざまな鶏種や飼育環境に応じた体重コントロールが可能となります。
こめっ娘餌付け
こめっ娘幼すう
幼すう育成用配合飼料(0~4週齢)
ペレットクランブルに造粒加工することにより、飼料の摂取量・利用率を高め、選り食いを防止します。
こめっ娘中すう
中すう育成用配合飼料(5~10週齢)
もみ米の配合により、中すう期に起こりやすい悪癖(ツツキ)を低減します。
こめっ娘大すう
大すう育成用配合飼料(11~17週齢)
こめっ娘ハイ
大すう育成用配合飼料(11~17週齢)
小型鶏や夏季など摂取量の少ない場合に最適な飼料です。
こめっ娘プレレイ
成鶏飼育用配合飼料(16週齢~18週齢もしくは5%産卵まで)
産卵開始が早い鶏へのカルシウムの早期給与に最適です。
成鶏用の各種シリーズ
  • ●幅広い栄養設定の銘柄ラインナップ
    各産卵ステージに適した飼料へ切り替えることで、高い生産性・経済性を引き出すことが可能です。
  • ●飼料の切り替えがスムーズ
    各飼料の栄養成分や原料構成を考慮することにより、飼料切り替え時の鶏のストレスを小さくし、きめ細かいフェーズフィーディングを可能にします。
  • ●イソマルトオリゴ糖を配合
    腸内細菌叢に有効に働くイソマルトオリゴ糖を配合することにより、各種ストレスに負けない高産卵が期待できます。
キュアシリーズ
各産卵ステージに適した栄養設定の銘柄ラインナップを活用することにより、卵重の調整や季節・鶏種に合わせた飼養管理が可能です。
キュア19
食下量の少ない小型の鶏種を立ち上げる時に適しています。また、夏場のような食下量の低下が予想される時期や、育成体重が小さい場合の立ち上げにも適しています。
キュア18プラス
中型の鶏種の立ち上げに適しています。
キュア18
高産卵の持続を望む時期に適しています。
キュア17
高産卵の持続を望む時期に適しています。また、「キュア18」からのフェーズフィーデイングで卵重コントロールが望めます。
キュア16
産卵後半の2回目の立ち上げなどに適しています。
キュア15
産卵の後半において、卵重のコントロールに適しています。
フォルテシリーズ
各産卵ステージに適した栄養設定の銘柄ラインナップを活用することにより、高い生産性・経済性が得られます。特殊卵用飼料として卵黄色を強化しております。