研究開発の取り組み

メッセージ

取締役常務執行役員 研究開発部門統轄 金子 俊之

~サイエンスの目でおいしい答えを届けます~

昭和産業株式会社
取締役常務執行役員 研究開発部門統轄
金子 俊之

昭和産業グループは、小麦、大豆、菜種、トウモロコシといった穀物や油糧種子など、それらを原料とする、小麦粉、植物油、大豆たん白、コーンスターチ、水あめ、異性化糖、ぶどう糖など幅広い基礎食品素材、プレミックス、パスタ、大豆たん白などの加工食品素材、さらには配合飼料や鶏卵、冷凍食品、パン、和洋菓子などの加工食品、食品用酵素などを、その使い方や最終食品の提案と共に提供する「穀物ソリューション・カンパニー」です。食品メーカーとして、日本一の穀物取扱量を誇ります。

そうした昭和産業グループのソリューションの技術的礎となっているのが、私たちRD&Eセンターです。日々、穀物の新たな可能性、使い方や素材を組み合せることによるシナジー効果をサイエンスの目で探求し、安全で安心な食品素材を安定的に提供する生産プロセス技術、食品素材からおいしくて特徴ある食品を提供する設計・調理・加工技術、それらを支える分析・評価技術、新しい素材・機能・方法の開発技術などのレベルアップに励んでいます。
活動領域はグループ内にとどまらず、大学や公的研究機関、多くのお取引先様と共同で、より次元の高い「おいしい答え」を創造しています。
私たちは今後も、日本の食文化の根幹を支える基礎食品素材を提供する企業として欠かせない食の安全・安心、環境や社会にやさしい商品や技術の開発を通じて社会的責任を果たすとともに、人々の健康で豊かな食生活に貢献する事業の拡大を牽引してまいります。

※ 当社調べ

研究開発領域

研究Research

お客様に新たな価値を提供する、昭和産業の挑戦に必要なコア技術を生み出すのが基盤技術研究所です。昭和産業が取り扱う多様な穀物の利用方法や機能性素材の創出やそれらの素材を工場で生産するためのプロセスの研究開発、食の安全やおいしさを担保・向上するための分析・評価技術の研究、特許や商標など知的財産の管理運用を行っています。

開発Development

お客様とのコミュニケーションを進化・深化させ、新たな価値を持つ商品やアプリケーションを開発し、いち早く提供するのが商品開発研究所です。「おいしさ提供の最前線」として、お客様のニーズに応えるだけでなく、本当にお客様が求めるものは何か?を考え抜いた提案型商品の開発、お客様への提案・技術サービスを行っています。

技術Engineering

どんな商品でも、安全・安心で手軽に手に入るものでなければ、お客様に価値をお届けできる商品とは言えません。それを実現するのが生産技術部です。研究・開発の成果を、より高品質で安全かつ安定的に、さらに適正なコストで市場に供給するため、使用する原材料・資材・お客様に提供する商品の規格設計、生産設備の設計、生産技術の開発を行っています。

RD&E関連部署および所在地

RD&E関連部署および所在地