環境への取り組み

環境基本方針

  1. 昭和産業グループが適用を受けるすべての環境法令を遵守します。
  2. 原材料・資材・容器包材などの調達に際しては、その材質や加工工程などに配慮し、環境への影響を小さくすることに努めます。
  3. 製品・商品開発に際しては、原材料・資材、製造、流通、消費のすべてにおいてライフサイクルアセスメントに配慮し、環境影響を小さくするように努めます。
  4. 昭和産業グループすべての企業活動に伴う、原材料及び包装資源、エネルギー資源などの利用効率の向上を図るとともに、廃棄物の削減と再資源化に努めます。
  • ライフサイクルアセスメント(LCA):製品のライフサイクル(原料の採取→製造→加工→運搬→使用→再生→廃棄)のすべての段階で発生する環境への負荷を分析、計算して評価する方法です。

環境マネジメント

環境マネジメントシステム

昭和産業グループは、「CSR委員会」の推進組織である「環境管理委員会」で、環境対策に関する重要な課題を審議・決定しています。この委員会では、環境基本方針に基づき、毎年の環境目標、中長期目標、施策などの決定、環境関連データの管理を行うとともに環境マネジメントシステムが適切に運用されているか確認しています。グループ全体での活動推進のため、生産系グループ会社だけでなく、非生産系のグループ会社についても参加するよう図っています。

昭和産業グループ環境管理体制図

ISO14001:2015への移行

サイト研修風景
サイト研修風景

昭和産業では、環境負荷の高い生産部門3工場、生産部門およびライフサイクルにおいて環境負荷低減につながる研究開発部門で、ISO14001の外部認証を取得し、バリューチェーンにおける環境負荷低減を図っています。また、グループ会社の(株)ショウレイも認証を取得しています。
2016年度は、2004版から2015年版へ移行しました。また、新設したRD&Eセンターの機能をISOのサイトに更新しました。