• トップ
  • 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

  1. 宣言
    昭和産業は、「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」を経営理念とし、様々な事業活動を展開しています。当社が、今後もお客様と社会に信頼され、継続的に成長していくためには、社内の情報資産を適切に管理し、さまざまな脅威や事故から保護する必要があり、ここに「情報セキュリティ基本方針」を定め、これを実施し、推進します。
  2. 適用範囲
    当社の情報資産およびそれらを利用するすべての従業員(契約・派遣社員を含む)、役員、外部委託業者を適用の範囲とします。
  3. 管理体制の構築
    管理部門統轄役員を最高責任者とする「情報セキュリティ委員会」を設置し、情報セキュリティに関するマネジメントシステムを確立し、実践します。
  4. 情報セキュリティ対策の実施
    情報資産の重要性に応じて適切な情報セキュリティ対策(物理的・人的・技術的対策)を実施し、情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩等のリスク予防に努めます。
  5. 情報セキュリティ教育の実施
    当社および当社グループ会社の役員および従業員に対し、情報セキュリティの重要性、脅威や事故への適切な対処方法について、定期的に教育・訓練を実施します。
  6. 法令遵守および社内規程の整備
    法令、国が定める指針、その他規範を遵守します。また、当社の情報資産を適切に管理するために社内規定を整備し、これに従います。
  7. 情報セキュリティ事故への対応
    情報セキュリティ上の事件・事故が発生した場合は、緊急措置を講じてその被害を最小限に止めるように努めます。またその原因を分析し、再発防止策を講じていきます。
  8. 継続的改善の実施
    当社の情報セキュリティに関する取り組みが適切に実施されているかを点検し、継続的に改善します。

制定日:2008年4月1日
改定日:2018年5月1日