安全・安心への取り組み

食品安全・品質マネジメントシステム

食品安全・品質マネジメントシステム「安全・安心3原則」

昭和産業では、「安全・安心3原則」の考え方を基本とし、原料の調達段階から、出荷までの工程での各種基準の見直しや製造環境のレベル向上を目指した活動をしています。
原則1 原材料の調達段階
問題のあるものを
持ち込まない
原則2 工場の製造段階
問題のある製品を
作らない
原則3 出荷の段階
問題のある製品を
持ち出さない

当社グループは、「安全・安心3原則」を定め、これを確実に実行していくために、独自の「食品安全・品質マネジメントシステム(FSQMS)」を運用しています。このシステムは「HACCP※1」を柱として「ISO22000※2」「FSSC22000※3」「ISO9001※4」「AIBフードセーフティシステム※5」の仕組みをすべて取り入れ、効率的な運用ができるよう当社グループ独自に再構築したものです。

食品安全・品質マネジメントシステム
  1. HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point):原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視し、人に危害を与える製品の出荷を未然に防ぐシステム
  2. ISO22000:安全な食品の生産、流通、販売を目的とした食品安全マネジメントシステムの国際規格
  3. FSSC22000(Food Safety System Certification 22000):ISO22000をベースに、食品の安全を担保するために遵守すべき事項を明確化した食品安全システムの国際規格。
  4. ISO9001:品質マネジメントシステムの国際規格
  5. AIB(American Institute of Baking)フードセーフティシステム:安全な食品を製造するためのガイドラインであるGMP(適正製造規範)を重視した「AIB食品安全統合基準」に則り、外部監査員が工場の現場検査を行う仕組み。フードディフェンス(食品防御)の考え方も取り入れた、以下の5項目の観点から監査が行われる。
    ●作業方法と従業員規範 ●食品安全のためのメンテナンス ●清掃活動  ●総合的有害生物管理 ●前提条件と食品安全プログラムの妥当性