昭和産業のCSR

昭和産業グループは、「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことにより、あらゆるステークホルダーからの信頼を得て、社会とともに成長していくために、「CSR行動規範」に基づく事業活動を行い、企業の社会的責任を果たしていきます。

CSR行動規範

  1. 安全・安心で高品質な製品の提供
    すべてのお客様に安全で高品質な製品・商品を提供することを通じて、昭和産業グループに対する安心の向上を図ります。また、製品の開発と提供を通じて、新しい価値の創造を行い、お客様とともに成長するよう努めます。
  2. 公正な企業活動
    企業市民としての自覚を持ち、コンプライアンスの精神に則った健全な企業活動による収益の追求を通じて、昭和産業グループの継続的な発展に努めます。
  3. 人権尊重
    昭和産業グループのあらゆる企業活動において人権を損なう行為を排除するとともに、従業員一人ひとりの多様なる個性・人格・能力を尊重し、チャレンジ精神溢れる企業風土を形成します。
  4. 環境への配慮
    企業活動から生じる環境への影響を認識し、地球環境の保全や資源循環型の持続可能な社会形成への寄与に努めます。
  5. 社会への貢献
    企業市民としての役割を自覚し、企業としての社会的な責任を果たすことを通じて、健全で豊かな社会の発展に寄与するように努めるとともに、従業員各人の社会貢献活動を積極的にサポートします。
  6. ステークホルダーとの対話・情報開示
    昭和産業グループの企業活動に関わる情報を適時・適正に公開するとともに、ステークホルダーとの対話を通じて、透明性の高い企業活動に努めます。

CSR推進体制図

CSR推進体制図

ステークホルダー・エンゲージメント

昭和産業グループは、「食」に関する幅広い事業を通して「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」とともに、自らの透明性を高め、ステークホルダーの皆様から信頼されるため、ステークホルダーパートナーシップを推進しています。

ステークホルダー・エンゲージメント

消費者志向自主宣言

1. 理念

昭和産業は、1936年(昭和11年)の設立以来、「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことをグループ経営理念に、大地の恵みである穀物を余すところなく、様々な食品素材や配合飼料などに加工し、皆様の食生活にお届けする事業に取り組んでおります。

2. 取り組み方針

  1. 経営トップのコミットメント
    食品の安全・安心、安定供給など今後ますます高まる「食」への期待に、多種多量の穀物を取り扱う当社独自のビジネスモデルによるシナジー効果を生かし、「穀物ソリューション・カンパニー」を合言葉に、食に携わる企業の皆様や、一般消費者の皆様に課題の解決策をご提案し、お客様にとってのベストパートナーとなることを目指しております。
    詳しくはこちら
  2. コーポレートガバナンスの確保
    会社経営の最重要課題の一つであると認識し、「昭和産業 コーポレートガバナンス・ガイドライン」を定めております。公正かつ透明性の高い情報開示に努め、お客様をはじめ全てのステークホルダーの方々からの信頼を高めてまいります。
    詳しくはこちら
  3. 従業員の積極的活動(企業風土や従業員の意識の醸成)
    • 従業員一人ひとりがお客様の声に真摯に耳を傾け、お客様の立場に立って誠実に行動します。
    • 経営幹部をはじめ従業員に対して、消費者志向経営に関する啓発活動を実施し、お客様目線の企業風土醸成に取り組みます。
    • お客様から頂いた貴重なご意見・ご感想は全従業員に発信し、各事業所でお客様の声を生かした取り組みをしております。
  4. 事業関連部門と品質保証部門、お客様対応部門及び法務部門等の有機的連携
    • すべてのお客様に安全で高品質な製品・商品を提供することを通じて、昭和産業グループに対する安心の向上を図ります。原料から製造、保管、出荷・流通の全ての段階で製品の安全性を確保するために、HACCPを柱とした当社独自の仕組み「食品安全・品質マネジメントシステム」を運用しております。
    • 不測の事態が生じた場合は、お客様の安全を最優先に考えて、危機管理対応ルールに則った、迅速かつ透明性の高い行動を取ります。
  5. お客様への情報提供の充実・双方向の情報交換
    • ホームページに製品の正しい使用方法やアレンジレシピ、よくあるご質問を掲載し、お客様への情報提供を随時行っていきます。
    • 「お客様相談センターの活動」「食生活口コミサイトのひまわりネットの運営」「展示会への出展」「工場見学・料理教室開催」などの様々な手段を通じて、お客様とのコミュニケーションを図っています。
  6. お客様・社会の要望を踏まえた改善・開発
    • お客様から頂いた声を全社で共有することで、分かりやすい表示や使いやすい包材への改善、新製品開発に反映し、お客様満足の向上に努めます。