従業員への取り組み

人権に関する取り組み基本方針

  1. あらゆる差別(性別、国籍、人種、宗教、信条、障がい)や偏見を排除し、個人の能力と個性を尊重します。
  2. 各人の能力と成果に対する公正な評価に努めるとともに、質的向上のための研鑽・相互啓発に努めます。
  3. 安全で健康な、働きやすい職場環境の維持改善に努めます。
  4. 従業員一人ひとりの多様性を尊重し、挑戦意欲を引き出します。
  5. 人権尊重に関する国際的な合意事項や基準を理解し、児童労働や強制労働を排除します。

人材戦略

昭和産業の人事制度において自律が重要と考えています。「複線型人事制度」に基づき、従業員自らが自分のキャリアを考え、自分で進む道を選択するとともに、「専門スキルの向上と多能化の両立」「従業員の自律を尊重した適材適所の配置」「貢献度に応じた処遇の実現」を目指した人事制度により、個々の能力の向上を図っています。
また、多種多様な研修制度・教育プログラムを設けることで、従業員の質的向上に努めています。

人材開発

「目標管理制度」により、期首に経営方針や部門目標に沿った個人目標を設定し、従業員それぞれが目標の達成に向けた取組みを進めています。上司は適宜、進捗確認やアドバイスを行い、従業員のやる気を引き出しています。
また、「自己申告制度」では、自分のやってきた仕事、自分の強み、弱みについて、従業員一人ひとりが自己申告書として作成し、その内容について上司と面談を行い、いろいろな角度から自分のキャリア(自分のありたい姿、やりたい仕事)を振り返る機会としています。自身が他部署への異動を考えている場合は、本制度を活用することもでき、必要に応じて人事部との面談を行っています。

研修制度

昭和塾風景
昭和塾風景
  • 昭和塾・昭和テクノスクール
    昭和産業では、専任の社内講師による「昭和塾」および「昭和テクノスクール」を定期的に開催しています。「昭和塾」は、全ての従業員が経営方針を十分に理解するとともに、社会人として必要な知識を学ぶことで、従業員一人ひとりの成長と会社の発展を目指すことを目的としています。
    「昭和テクノスクール」は、多様な穀物を扱う昭和産業ならではの製粉、製油、糖質など幅広い事業の製造工程や製品知識などを習得するための講習を行っています。
昭和産業 教育体系図 ※海外研修、昭和塾は除く