食品リサイクル率99.9%の取り組み

昭和産業は1936年の創立以来、大地の恵みである小麦、大豆、菜種、トウモロコシなどの穀物を余すところなく、小麦粉、プレミックス、植物油、糖化製品、配合飼料などに加工して皆様の食生活にお届けする事業に取り組んできました。
製粉、油脂食品、糖質事業から発生する副産物※1を配合飼料原料として有効活用することにより環境負荷の少ないビジネスモデルを実現。持続可能な社会作りに向けて様々な取り組みを行っています。

※1 ふすま、大豆ミール、グルテンフィードなど

創業当時から変わらぬ思い。サステナブルな食品グループ企業へ

※2 2019年実績値

大地の恵みである穀物を余すところなく使って食品リサイクル率99.9%を達成!

関連コンテンツ