昭和産業グループ調達方針

昭和産業グループは「昭和産業グループ CSR行動規範」に基づき調達方針を制定します。

昭和産業グループは、全ての購買取引、調達活動において、仕入先様及び取引先様をビジネスパートナーとして認識し、法令、その他社会的規範を遵守します。
そのためには、昭和産業グループだけではなくサプライチェーン全体での取り組みが不可欠であると認識し、仕入先様及び取引先様のご協力を頂きながら、公正な企業活動を基本とし、社会的責任ある調達活動を行って参ります。

1. 安全・安心で高品質な製品の提供
常にお客様の視点に立ち、安全・安心を最優先とした品質管理の向上と、トレーサビリティーの確保を図り、お客様に安心していただける調達活動を行います。
2. 公正な企業活動
調達活動に関わる法令を遵守し、公正で自由な競争による取引を行います。仕入先様及び取引先様に対しては、公平かつ誠実に接し、社会的規範に則った適切な関係を保ちます。
また、反社会的勢力及び反社会的勢力と関係ある団体等とは、いかなる取引も行わず、利益の供与は一切行いません。
3. 人権の尊重
人権尊重に関する国際的な合意事項や基準を尊重し、調達活動における児童労働、強制労働、あらゆる差別(性別、国籍、人権、宗教、信条、傷害など)や偏見を排除することに努めます。
4. 環境への配慮
調達活動に関わる法令を遵守し、原材料・資材・容器包材等の調達に際しては、その材質や加工工程などに配慮し、環境への影響を小さくすることに努めます。
5. 社会への貢献
大地の恵みである小麦・大豆・菜種・トウモロコシなどの穀物を大切に扱うと共に、安定的な調達活動に取り組み、安全・安心な製品の提供に努めます。
6. 対話の推進
仕入先様及び取引先様との対話を行い、調達活動に反映させることに努めます。

制定日:2020年4月1日