昭和産業健康宣言

健康増進意義の啓発・行動支援

“従業員の健康は社会の礎である”と言う思いのもと、昭和産業では2017年4月に「昭和産業健康宣言」を発表し、「健康ファーストの企業風土醸成(セルフケアの促進)」と「働き方改革の推進(職場環境の改善)」に取り組んでいます。

グループ経営理念である「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」を追求するためには、何よりもまず社員の健康が大切であると考えます。
昭和産業は、社員の健康の維持・向上に取り組み、持続的な成長を実現することで、これからも社会に貢献していくことを宣言します。

  1. 「社員の健康ファースト」の企業風土醸成
    社員の健康の増進活動を推進することで、「社員の健康が第一」の企業風土を醸成します。
  2. 働き方改革の推進
    ワーク・ライフ・バランスを実現することで、社員一人ひとりが健康でイキイキと働ける会社を目指します。