マンガで見る「昭和天ぷら粉」発売秘話 第二章

日本食ブームに沸くアメリカでヒットした「天ぷら粉」。しかし、アメリカで評判となっても"日本では売れない"というのが社内の大方の意見でした。せめて市場調査ぐらいはしてみようとアンケート調査を実施すると、意外な結果が...。

第二章 国内販売編(上)~発売に至るまで~

第二章国内販売編(上)~発売に至るまで~
              日本では売れない!?予想が一転した意外なアンケート結果と反響
              アメリカでは天ぷら粉が売れたけど日本でも売れますかね...
              日本の主婦は小麦粉でうまく揚げられるからなー
              そうよねぇ...売れないんじゃない?
              まあ国内では売れないかもしれないけど...一応市場調査ぐらいはしてみるか
              じゃあアンケートの質問は「天ぷら粉を買うか・買わないか」だけ!
              とりあえず女性層に聞いてみましょう!
数日後会議室
              すごい結果になりました!
              アンケートの結果...
              約85%(※中若年層女性向けに実施した結果)が買うと答えてくれています!
アンケート回答者から好意的な反応も多く上がっています!
              こんなに需要があるのか!意外だね!
              ...これなら日本でも売れるかもしれない!
              本格的に国内販売に向けて動いてみようじゃないか!
              このストーリーは実話をもとにしていますが、登場人物の名前、状況設定などは変えています。
              マンガ制作:ad-manga.com

解説①

天ぷらを揚げる女性

アメリカで天ぷら粉が評判となっても、日本では天ぷら粉は売れないというのが社内の大方の意見でした。日本の主婦はアメリカの主婦とは違い、昔から普通に小麦粉に卵などを合わせて上手に天ぷらを揚げていたので、国内では売れる訳はないと決め込んでいたのです。

解説②

アンケート用紙

アメリカで売り出した約半年後、昭和36年の早春。国内では売れないかもしれないが、せめて市場調査くらいはしてみようと考えたものの、会社始まって以来の市場調査。広告代理店に頼むなんて思いもよらず、お金をかけることもできませんでした。そこで、極めてシンプルなアンケート調査を実施したのです。

解説③

卵を使わないので「買いたい!」と思う女性たち

アンケート内容は、「買う」「買わない」の1問だけ。対象は、女性で、高年層・中年層・若年層と3つに分けました。結果、「卵はいらない、ただ水で溶くだけ!」という点が気に入られ、すべての世代で高評価に。これが決め手となり、日本でも売れると判断した食品部は、その後総力を上げて天ぷら粉発売に向けて邁進したのです。

天ぷらのお話いかがでしたか? 天ぷらのトリビア&豆知識はまだまだあります!